ダイヤモンド・プリンセスに乗船!⑥船内施設のご案内

2019.07.10

こんにちは。別府です。

乗船する前にどんな施設があるのか知っておくと安心ですよね。

今回はインドアの施設と皆さまから一番質問が多い船内インターネット事情のご紹介です。

日本発着クルーズの目玉「泉の湯」

ダイヤモンド・プリンセスが日本発着クルーズをスタートするにあたり、大改装をして作ったのがこの「泉の湯」。

日本式のお風呂です。

この船は英国船籍であることを考えると裸で入るお風呂をつくる、というのは画期的だったのだろうと思います。

男女のお風呂は日替わりで変わります。

施設は一つだけ違います。

向かって左側には「打たせ湯」があり、向かって右側には「ミストサウナ」があります。

大きな浴槽が4つ。うち2つは外の空気が入るようになっていて、露天風呂感覚で入れます。

ドライサウナは両方ついています。

洗い場もまるで旅館のようです。

難点がひとつあってカラン(蛇口)がないこと。こればかりは残念です。

「泉の湯」は有料の施設になり、90分でお一人15ドルです。

5回券があり、5回で60ドル。4回分の料金で5回入れます。

ダイヤモンド・プリンセスは内側から海側バルコニーまでのお部屋にはバスタブがありません。

「泉の湯」の5回券を購入しても6,600円(1ドル110円計算)ですから、お得ですよね。

5回券を複数の方でわけてお使いいただくことはできませんので、ご注意ください。

 

予約制ですので、すごく混むということもありません。

でも早く予約しないと希望の時間に入れない、ということもありますので、早めにご予約してください。

乗船日に「泉の湯」の内部を見学できる時間が設定されていますので、是非見てみてください。

やっぱり大きなお風呂は気持ちいいですよ。

バスタオル、フェイスタオル、シャンプー類は「泉の湯」にありますが、体を洗う手ぬぐいなどは持参してください。

お子様は3~15歳の場合16歳以上の同性の同伴者がご一緒でしたら、10ドルで入れます。

3歳未満またはオムツご利用中のお子様はご利用いただけません。

ここには大きなジャグジーもあり、水着を着て入ります(これは男女一緒です)。

是非水着もお持ちになり、のんびりジャグジーもお楽ください。

女性用は、化粧水、メイク落とし、ボディローションがあります。
男性用は、ボディローション、ヘアトニック、ヘアリキッド、アフターシェーブローションがあります。

船上で最高のスパ と評判のロータス・スパ

アメリカのメディアで「船上で最高のスパ」と評価されたプリンセス・クルーズのロータス・スパ。

フェイシャルやマッサージ、最先端の美容メニューを個室で受けることができます。

またこちらには美容院も併設されています。フォーマルの日のヘアアレンジや、ネイルなどもご利用いただけます。

施術は有料になりますが、船内プログラムで無料施術のセミナーやカウンセリングが行われますので、まずは気になるメニューを聞いてみるのもよいですね。

船内のインターネット事情 

出港してから船上ではご自身の携帯電話は使えない、と思ってください。

陸に近いところを航行している間は電波をひろってきますが、そのまま放置しておくと知らない間に衛星通信に接続されてしまい、高額なお金がかかってしまうこともあります。

船内は有料のwifiサービスがあります。ご覧になりたいものによってタイプが3種類あります。

●ソーシャル 一日14.99ドル これはSNSの閲覧くらいしかしない方に
●サーフィン 一日24.99ドル Eメール送受信、ニュースなどネットサーフィンに
●プレミアム 一日29.99ドル Eメールからストリーミングまで

データ量は無制限ですが、衛星通信を利用するため、地上の高速インターネットほど早くはありません。

接続方法ですが、船内で案内されている方法は以下のとおりです。

●モバイル端末を機内モードにするWifiの設定を開き、船のネットワークに接続する
●ウエブブラウザを開き、onboard.princess.comと入力
●プリンセス@シー の下方にあるツールバーから「インターネット」を選択し、上記のプランを選ぶ
●プリンセス@シーのアカウントを作っておいてください

使い方がわからない、という方は船内のインターネットコーナーにいるデジタルコミュニケーションマネージャーがお手伝いできます。

デジタルコミュニケーションマネージャーの勤務時間は船内新聞プリンセス・パターで確認してください。

インターネットコーナーにはパソコンもあります。

寄港地についたら携帯電話は通じます。

うまく使い分けてくださいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

はじめまして。別府郁子と申します。海外旅行一筋で、訪問したのは68か国。ツアーの企画から添乗をしてきました。最近はクルーズコンサルタントとして、幅広い世代の方にクルーズの楽...

トラベルサポート