長崎・平戸巡礼

2019.06.27

ある修道会のシスターと長崎・平戸に出掛けました。

ローマの総本部から総長以下数名のシスターが来日した記念です。

6つの国籍にまたがりいくつもの言葉が飛び交いながら和気藹々の雰囲気の中、長崎~外海~生月~平戸を3泊4日で巡りました。私も長崎には40回ほど出掛けていますが、海外の方の視点は我々とは異なりとても新鮮に感じました。

外海や生月は特に潜伏キリシタンや隠れキリシタンの歴史を代表する場所ですが、原爆資料館や、外海や平戸の美しい海の風景にも感銘を受けた様子です。

今回は英語でのご案内となりましたが、二十六聖人記念館の宮田学芸員、平戸ガイド教会の籠手田理事長は流暢な英語でご案内をいただき理解を深めることができました。長崎にはほとんどの方が一度はお出かけになっていると思いますし、私も何度も巡礼の企画をしていますが、改めてゆったりと時間をかけて深く長崎を知る巡礼を企画いたしたく思いました。

 

キリスト教、特にカトリックを中心とした巡礼をお世話しています。巡礼地は世界中に数多くあります。イエス様の軌跡をたどる聖地イスラエル、スペイン・マンレザやイタリア・スビアゴな...

トラベルサポート